これが本命!セサミン比較サイト

メインイメージ
トップページ ランク プロフィール

セサミンと一緒に摂取したい栄養とは

セサミンの一番の特徴は強い抗酸化作用があり、肝臓で効果を発揮することです。

セサミンの効果はフ機能の回復やアルコール成分の解毒、コレステロール低下作用、体脂肪燃焼作用、
血流改善による動脈硬化や心筋梗塞などの予防や冷え性やむくみ改善、
老化や発ガンの原因になる酸化物質の生成を抑えるなどたくさんの働きがあり、
セサミンだけでも体には大変よい効果が期待できそうです。
これに相性のよい栄養を加えて一緒に摂取することによってプラスの効果を引き出すことが出来ます。

まずビタミンCです。

同じ抗酸化作用を持ち、コラーゲンの合成を助けたり
メラニン色素を減らしたりと美肌やアンチエイジングに対して効果を発揮してくれます。
またコエンザイムQ10も減ってくると体力の低下や冷え性、肩こりなどの原因になるので
アンチエイジングの観点から一緒に摂取すると効果が高まります。
コエンザイムQ10が減ってくる40代にオススメです。

同じように中年期にオススメなのがビタミンEです。

ホルモンバランスを整えて更年期障害の改善などをしてくれる若返りのビタミンと呼ばれています。
ローヤルゼリー特有のデヤン酸には更年期障害やガン細胞の増殖を抑える効果があり、
ローヤルゼリーには多くの栄養素が含まれていて老化防止に効果がありますが抗酸化作用がないのでセサミンと合わせて摂取するのがオススメです。
また抗酸化作用が同じのポリフェノールはセサミンと働く場所が違うので合わせて摂取すると相乗効果が得られます。

サンマやアジなどの青魚に含まれるEPAは中性脂肪やコレステロール低下作用があって血液をサラサラにしてくれます。
体内ではほとんど作られないためサプリメントで補うのがオススメです。
ダイエットの観点でセサミンと合わせることで効果が高まります。

またマグロや魚介類に含まれるDHAはボケ防止、花粉症やアトピーの改善をしてくれます。
相乗効果があって相性がいいので一緒に含まれたサプリメントも発売されています。
セサミンと同じような効果を持つもので効果を高めたり、不足を補ってさらに多くの効果を得たり、
重要視する効果によって一緒に摂取する栄養素を変えることが選ぶポイントです。

Menu

おすすめ

セサミン辞典