これが本命!セサミン比較サイト

メインイメージ
トップページ ランク プロフィール

セサミンをとって更年期障害予防

40代を過ぎると起こってくる更年期障害、
その症状の改善にセサミンが効果があるということをご存知ですかH
ゴマからとれるセサミンは抗酸化作用と豊富な栄養素を持ち、
人間の体の中で大きな役割を果たしている肝臓で働くことで様々な効果を持っていますが、
その中に更年期障害を改善する働きがあるのです。

まず、更年期障害とはどのような病気なのか。
40代から50代の更年期と言われている世代に多い病気で、急にのぼせたり、
不眠になったり、イライラしたり、めまい、冷え性、肩こりや関節痛、疲れやすくなるなどの不快症状が起こります。
全く起きない人もいれば、軽くてすむ人、重い人など程度は様々ですがホルモンバランスが変化する時にかかりやすいと言われています。

また無理なダイエットやストレス、不規則な生活で自律神経のバランスが崩れてしまうことが原因でもあります。
セサミンにはホルモンバランスを調整してくれる働きがあり、エストロゲンと同じような役割をしてくれます。
また自律神経や血管の働きを活発にしてくれる作用もあるので自律神経の調子を整えて症状の改善をしてくれます。
また、鉄分豊富なので冷え性にも効果があります。

更年期障害が起こる前からセサミンを飲んでおくと予防にもつながるのです。
以前は女性の病気と言われていましたが、生活習慣が乱れて最近は男性にも増加しています。
更年期障害と合わせて骨粗しょう症や高脂血症にもなりやすいので
セサミンを摂取する際はカルシウムやビタミンDを摂取するのもオススメです。

また、更年期には体内のビタミンEの濃度が低くなるので、
ビタミンEも一緒にとるとより更年期障害に効果的に働いてくれます。
また、過労や無理なダイエットで20代や30代の若いうちから更年期障害が起こる若年性更年期障害も増えてきていて、
若年層にもセサミンは効果的なので忙しくても飲み続けられるサプリメントは人気が出ています。
症状が軽い人でも体の中の機能は少なからず衰えてきているのでひどくならないためにもセサミンは大切な補助栄養素です。

Menu

おすすめ

セサミン辞典