これが本命!セサミン比較サイト

メインイメージ
トップページ ランク プロフィール

健康な肝臓を保つためにセサミンを

健康な肝臓を保つためには肝臓の中で重要な働きをしてくれるセサミンをとることが大切です。
肝臓は体内でタンパク質を作ったり、エネルギーを作る重要な臓器です。
また、毒素や有害物質を分解して体外に排出する役割もあり、アルコールの分解もしてくれます。
体の約7割の活性酸素は肝臓で作られており、セサミンと同じように抗酸化作用を持っていて
活性酸素を減らすための特別な酵素をつくる仕組みがあります。

そんな肝臓ですが沈黙の臓器と言われ、弱っていてもなかなかSOSを出さないので
症状が表れた時には肝臓の状態がひどく悪化している場合が多いのです。

肝機能が低下すると疲れやすくなったり、新陳代謝が悪くなり二日酔いになりやすかったり、
活性酸素が増えてきてシミやシワの原因にもなります。

また、活性酸素を減らすための酵素も40代に入ると減る量が増えるので、
肝機能を高めることは健康や美容維持につながる大切な事なのです。

セサミンは他の抗酸化物質とは違い、血液中に溶け出さず肝臓で働いてくれるので、
アルコール解毒作用や有害物質の排出をスムーズにするのを助けたり、肝機能を向上させて活性酸素が増えすぎるのを防いでくれます。
それによって、肝臓が無理をせずに働けるので肝障害などの病気の予防につながるのです。
アルコールも活性酸素を増やす原因になるのでお酒が好きな人は肝機能が衰えやすいとも言えます。

肝臓の中で直接働いてくれるセサミンは最も肝臓によい栄養素といえるでしょう。
肝機能が向上されると活性酸素がうまく除去され、
美肌になったり冷え性などの改善により健康面でも効果があるので肝臓を健康にすることは体全体の健康につながるわけです。

ただ、沈黙の臓器で24時間休みなく働いてもらっているわけですから、
セサミンという助け船で肝臓の健康を維持してあげることは肝臓にお返しできる一番の方法なのです。
肝臓が悲鳴をあげる前に大切にいたわってあげるにはセサミンが一番の肝臓の薬になるはずです。

Menu

セサミン辞典