これが本命!セサミン比較サイト

メインイメージ
トップページ ランク プロフィール

セサミンと女性ホルモンの関係

ゴマに多く含まれているというセサミンですが、このセサミンは女性ホルモンと、大きく関係しています。
女性なら、誰でも美容に感心があるのではネいでしょうか。
このセサミンは、美容にも大きく関係している上に、健康にもとても良い効果があると、期待されているのです。
このセサミンは身体の中では、女性ホルモンと同様の働きをするといわれています。

女性は、歳を重ねるごとに、女性ホルモンの量が大きく変化してしまいます。
なにもしていないのにただイライラしたり、汗をかいたり、不眠になってしまったり、のぼせたり、、、といった事が多くなります。
これは、いわゆる更年期障害というもので、女性ホルモンが関係していて、分泌量が減ってしまう事が原因です。
更年期障害になってしまう年齢は、だいたいが40~60くらいといわれています。

女性の閉経が始まるくらいの年齢ですね。
更年期障害の症状は人によって違い、重さもそれぞれです。
更年期障害の原因は、自律神経が、女性ホルモンが少なくなった事で崩れていって起こるものです。
なので、その症状を和らげるためには、女性ホルモンを増やせばいいのです。

ただ簡単に増やせばいいと言っても、どうしたらいいのか分からないと思いますが、女性ホルモンと似た成分を補えばいいのです。
それが、セサミンや、イソフラボンです。
セサミンはゴマに含まれており、イソフラボンは大豆に多く含まれています。
なので、自分の身体と調節をしながら、これらが多く含まれている食品でバランスを取っていくといいですね。

イソフラボンでいったら、納豆など食べやすいです。
そうする事で、更年期障害の症状を和らげていけます。
また、美容にもとても良いとされているので、お肌の調子も良くなります。
突然、女性ホルモンとセサミンと聞くと、なんの関係があるのか、いまいちわからないと思いますが、実はこういった関係があったのです。
更年期障害でお悩みの方は、まずセサミンを多く摂る事で様子をみてみてくださいね。

Menu

セサミン辞典