これが本命!セサミン比較サイト

メインイメージ
トップページ ランク プロフィール

セサミンとビタミンEの関係

血圧が高い人に、おすすめの成分を紹介します。
それは、セサミンという成分です。
この成分はゴマに含ワれています。

ゴマを使った料理でセサミンを摂ったり、サプリメントを使ってセサミンを摂る方法があります。
その時に、一緒に摂取する事でより効果を得られるとされている成分があります。
それが、ビタミンEです。
セサミンとビタミンEはとても相性がいいんです。
この2つにいえる特徴が、抗酸化作用という、身体の中で発生される活性酸素を撃退するといった作用があるのです。
この活性酸素を減少させる事で、生活習慣病、更年期障害、老化といった悲しい症状を遅らせるといわれています。

しかし、この抗酸化作用というのも違いがあります。
セサミンが活性酸素を撃退するのは、主に肝臓といった内蔵が中心です。
肝臓の中には特殊な酵素があり、それを使って活性酸素を撃退するのですが、それは歳をとるごとに減ってしまいます。
なので、それを補うためにセサミンを利用するといいといわれています。

また、ビタミンEの方は、身体の細胞膜や血管といった場所が活動する場所です。
ビタミンEは、血行を良くする働きもあるために、心筋梗塞や脳卒中を予防する事もできるのです。
これと同じように、細胞膜のほうでも、有害物質ができないようにする働きもします。
この有害物質というのが、過酸化資質というもので、がん細胞の原因となったり、細胞の寿命を縮ませてしまいます。

また、動脈硬化の予防にもビタミンEとセサミンは役立ちます。
なぜかというと、血液の中にある悪玉コレステロールを酸化から守る働きをするからです。

このような働きで、血液をサラサラな状態に保ってくれるのです。
しかし、セサミンが防ぐのは、血管の酸化ではなく肝臓の活性酸素を撃退するだけで、酸化から守るだけです。
血管の酸化から守るのは、ビタミンEです。
このように、セサミンとビタミンEはとても良い関係で、身体を守ってくれます。
セサミンとビタミンEをサプリメントなどを使って、補うようにしていくといいですね。

Menu

おすすめ

セサミン辞典