これが本命!セサミン比較サイト

メインイメージ
トップページ ランク プロフィール

授乳中にセサミンを摂取しても良いのか

私はシステムエンジニアという仕事をしていました。
この仕事はパソコンに向かっている仕事で肩が凝りやすいです。
更に、システムに不具合が発生した時には食事をする暇もなく、徹夜で作業することもありました。
若い頃には、それも平気だったのですが、20代後半になってくると徹夜した次の日の疲労は酷く、肌も荒れてしまいました。
そこで、先輩に薦められ飲み始めたのがセサミンです。
セサミンは食品の中でも栄養価が高く、豊富なビタミンやミネラルを含んでいるゴマに入っている成分です。
健康効果や美容効果が高いとされています。
そして疲労回復効果や肩こりなどを改善する効果があります。
薬ではないため、気軽に飲むことができるのも魅力の一つであったことから、抵抗なく飲み始めることができました。
また通販等で購入することができるのも魅力的でした。
仕事が忙しくても、通販で取り寄せることができるので、買いに行く手間が省けるからです。
飲み始めてみると、血行が良くなったことで悩んでいた冷え症が解消され、肩こりも楽になりました。
更に、乾燥してカサカサしていた肌が改善され、粉をふかなくなりました。
また疲れにくくもなった気がしていたので普段が規則的に摂取するようになっていました。
しかし妊娠を機に一時接種をやめていました。
それはサプリメントの注意書きに妊娠中や授乳中は避けた方が良いと記載されていたからです。
医薬品ではなく、健康食品であるため副作用等はないと考えていたのですが、妊娠中や授乳中は身体がデリケートになっている時期であるため、念のため接種を控えた方が良いと言われているようです。
うちの子は夜泣きが激しく睡眠不足で肌が荒れていますし、疲れることが多くなったので、摂取をしたいのですが未だ産後4か月で完全母乳のため我慢しています。
授乳が終わったら、健康状態を改善したり、体力改善したいと考えているので、またサセミンのサプリメントを飲み始めたいと考えています。

Menu

セサミン辞典